会社の経営に役立つビジネス書

板井康弘|経営学の参考書

板井康弘

 

経営学の参考書で読んだものの中でオススメを紹介していきたい。

 

『「日本の経営」を創る』 三枝匡、伊丹敬之/日本経済新聞出版社

 

企業の現場で、事業再生や人材育成に携わってきた三枝氏と長年にわたり経営の本質を追究してきた伊丹氏の2人が、社員が目を輝かせながら、生き生きと仕事に取り組む独自の経営スタイルを編み出せと語りかける本である。

 

『はじめての経営学』 野中郁次郎ほか/東洋経済新報社

 

経営戦略や組織論、マーケティングなど経営学の主要9分野について日本を代表する経営学者が、わかりやすく解説。
文字通り「誌上ビジネススクール」で、各ジャンルの基本的な考え方からトピックまで、ビジネスの実務との関連に触れながら初心者に理解を促す。
また、各節の終わりに、読者のための必読書ガイドブックが数冊ずつ紹介されている。

 

『プロフェッショナルマネジャー』 ハロルド・ジェニーン、アルヴィン・モスコー、田中融二(訳)/プレジデント社

 

著者は、かつての巨大コングロマリットだった米国ITTの最高経営責任者として、58四半期連続増益を達成した実績を持ち、「経営はまず結論ありき」と説く。現実的な目標を定めることでゴールがはっきりする。そこへ行き着くためにできる限りのことを行う。そうしたカリスマ経営者の金言が随所に盛り込まれている。

 

『戦略読書日記』 楠木建/プレジデント社

 

江戸時代の『日本永代蔵』から米国の経営者の自伝、本格的学術書まで、幅広いジャンルをカバー。
書評や読書法の本ではなく、著者が経営や戦略の本質を探究するために、本と対話し続けた軌跡が述べられている。

 

みなさんも機会があれば読んでみてください。